整形外科

当院整形外科の特長

近年、高齢化が進み、変形性関節症や腰部脊椎管狭窄症等の慢性の変性疾患や、骨粗鬆症による大腿骨頚部骨折等が増加しています。

整形外科の扱う、骨・関節・神経・筋肉・腱といった運動器の病気は、その多くが直接命に関わる病気ではありませんが、 痛みやしびれと言った辛い症状・運動障害を呈し、日常生活や仕事等に支障をきたすことは少なくありません。
整形外科の治療の主な目的は、その痛みや苦しみを改善し、より良い日常生活を取り戻す手助けをすることです。

当院では、レントゲン、MRIも導入し、理学療法士、作業療法士等リハビリスタッフも充実し、高度な診断や治療を提供できる体制を整えています。

スキーやスノーボード等のスポーツ外傷においては、脳神経外科、リハビリ科とも連携を図り、スポーツ外傷を専門とした経験豊富な医師、スタッフがそろっています。 当院では対応できない手術等が必要な場合等は、御希望もお聞きしながら、緊急を要する場合はドクターヘリ等も駆使して、大学病院等の対応可能な施設への紹介もしています。

医師紹介

鷲見浩志(常勤) 院長

資格・その他
  • 日本整形外科学会整形外科専門医
  • 日本整形外科学会リウマチ医
  • 日本整形外科学会脊椎脊髄病医
  • 日本リウマチ財団認定リウマチ登録医

鷲見浩志(常勤) 院長

佐竹崇志(非常勤)

所属
岐阜大学医学部附属病院勤務
資格・その他
  • 日本整形外科学会整形外科専門医

佐竹 崇志(非常勤)