栄養科

当院栄養科の特長 

栄養科では、入院患者様に治療の一環としてお食事の提供を365日休むことなく行っています。入院中の患者様一人一人に、安全でおいしい食事の提供ができるよう手作りを心がけております。

地元の食材利用や季節感を大切に

当院の入院患者様には高齢者が多く、地元の新鮮な食材を使って病状に合わせた食事をお出しするようにしています。また季節に合わせたメニューを、月1回程度お出しすることなど心がけております。

栄養サポートチームが対応

「患者様個人に合った栄養ケア」をモットーに、患者様一人一人の栄養状態を診ながら、早期回復のサポートが出来るよう取り組んでおります。
栄養科だけではなく、医師を中心として看護師、薬剤師、検査技師などがチームとなり、それぞれの専門知識と技術を持ち寄りながら、患者様の栄養状態を改善するために、栄養サポート(NST)を行っております。

管理栄養士による個別相談

外来・入院患者様を対象に糖尿病、高血圧、脂質異常、嚥下困難のある方の食事などに関する様々な相談を受け付けております。
管理栄養士による個別の栄養相談については予約制ですので、担当の医師にお気軽にお申し出ください。
食事に関することはもちろんのこと、その他、何かお困りになることがありましたらお気軽に栄養科までお声かけください。

栄養科概要

栄養一覧イメージ

管理栄養士 3名
栄養士 調理師等 8名
主な食事
  • 並食、粥食、心臓食、高血圧食、糖尿食、膵臓食、肝臓食、脂質異常食、腎臓食、術後食、潰瘍食、貧血食、嚥下訓練食など、医師の指示のもと病態に合わせたお食事の提供をしております。
  • 主食は米飯、粥、パン、麺、おにぎりなど選択することができます。
  • 嗜好やアレルギーに合わせて禁止食品への対応もしております。
  • 嚥下困難のある患者様には、副食を一口大、きざみ、極きざみ、ミキサーなど個人対応させて頂きます。
  • 病棟まで温冷配膳車を使用し、適温でのお食事が提供できるよう努めております。